すぐ届けたいならバイク便が便利【ネットで探せばすぐ見つかる】

男の人

大都市を中心に展開

倉庫

インターネットの普及で、物流倉庫の役目は大きくなっています。当日や翌日の早期配達を鑑みて設置する事で物流倉庫の設置によるコストを上回る収益を確保する必要があるのです。物流業界のマーケティング精度が求められています。

詳しく見る

荷物の緊急配送ならばこれ

作業員

どんな手段があるのか

何かを大至急届けたい。日々の業務や生活の中でそんな状況は、往々にして発生するものです。でも、行く時間がない、人手がない、足がない。そんな時の解決策が、緊急配送に対応する業者に依頼することです。その代表格が、軽自動車を使った、いわゆる軽貨物。そしてもう一つ、バイク便です。両者を比較すると、一度に運べる荷物の大きさと量に関しては、軽貨物に分があります。しかしより早く、という点については、バイク便が有利です。その最大の強味が、抜群の機動力。身軽さを活かして狭い路地裏もスイスイ走れますし、渋滞にハマることもありません。ズラリと並んだ車の列を横目に、脇をすり抜けて先を急ぐことができます。これを届けないと困ったことになる、そんなトラブル解消のために、早さという面では、バイク便に勝るものはないでしょう。

どんなものが運べるのか

早さが売り物のバイク便ですが、当然運べるものの量や重さには制約があります。街中で、車体後部にカーゴボックスを付けて走っているバイク便をご覧になったことがあるかと思いますが、基本的には、あのボックスの中に収まる荷物、ということになります。ですから利用の多い品目としては、書類、データを記録したメディア類、機械等の補修部品、現場で不足した資材などが挙げられます。時には、医療関係の検体、輸血用の血液、緊急手術の器具といったものの配送もあるようです。それらの個数に制限はなく、ボックスに入るだけ運べますが、重量は合計で20kg程度までです。あまりに重い荷物ではボックスからの出し入れが困難になりますし、バイクの操縦性にも影響してしまいます。バイク便はその荷物のためだけの専用便として走りますので、他の荷物と紛れてしまうということもありません。また、一人のライダーが責任を持って配送を完了させますので、セキュリティ面でも一定の安心感があるでしょう。受け取った荷物を最速で届けるプロライダー、それがバイク便なのです。

低コストで運営

作業員

インターネットの通販サイトを運営する場合、通販物流が問題にあるケースがある。商品の発送を行う為には、多くの手間やコストがかかる。これらを抑えるためには、1件当たりの送付コストが安い業者に委託することが重要である。

詳しく見る

急がれるオンライン対応

倉庫

アパレルメーカーでは大型の物流倉庫を確保することで、幅広い商品を揃えるようにしています。その結果、物流倉庫から商品を配送することが可能となっています。また、オンライン注文が増えていることから、物流倉庫のオンライン対応も急いでいる状況があります。

詳しく見る